• イタチ駆除の必要性とは

    近年、イタチによる被害が増加しています。

    イタチは茶褐色の毛色をしており、口元が白く、目がクリッとしているため愛嬌のある顔をしていますが、性格は凶暴です。

    体重は数百グラムしかなく、同じ害獣であるアライグマやハクビシンより小型のため、3センチほどの隙間があれば侵入できます。


    イタチは雑食性で、ネズミやカエル魚類、昆虫類などのほか、果実などの植物性のものも食べるため、しばしば農産物に被害を与えます。
    さらに、自分より体の大きなニワトリやウサギも捕食するため、ペットや家畜にも被害を及ぼします。



    そして、イタチの被害は農作物やペット、家畜に対してだけではありません。


    最近では、都市部でも家屋に侵入して棲み着く被害が増えています。

    goo ニュースのマニアックな情報をお届けします。

    また、天井や床下に棲み着くと自分から出て行くことはなく、糞尿の排泄や歩行によって悪臭や騒音を発生させるとともに、ハエやノミ、ダニなどの害虫の発生も招くため衛生的にも被害を及ぼします。


    さらに、基本的な行動パターンは夜行性ながらも、昼間もしばしば動き回るため、人と出会ってしまった場合にはその性格の凶暴性から危害を加える可能性もあります。

    このようなイタチの被害は年々増加傾向にあると言われており、イタチ駆除の必要性がますます増えてきているのが現状です。
    しかし、イタチ駆除は、「鳥獣保護法」という法律によって守られているため、自分で簡単に駆除できる訳ではありません。



    けれども、イタチ駆除をしない限りは、この先もイタチの被害に悩まされ続けることになります。
    そのため、専門の駆除業者に依頼してイタチを完全に追い払ってもらい、さらに再発しないようしっかりとした防止策を行うことが重要です。